TOKYO Smart Life

東京で暮らすということ。オシャレに、でも自分らしく。刺激と安らぎが両立した生活の一部をご紹介。

3000円から始める”おうちコーヒー”生活

f:id:tokyo_life:20180425000757j:plain

管理人の唯一の趣味と言っていいのが”コーヒー”です。ただ、特別な知識やこだわりがあるわけでもなく、単にコーヒーを飲むのが好きというレベルです。強いてこだわりといえば「毎日豆をミルで挽いて、ドリップしている」ことでしょうか。個別パックのドリップコーヒーを買っているときもありましたが、「豆を買ってドリップした方がコスト的にも安いんじゃないか」と考え、ビックカメラで一式揃えました。3000円あれば気軽にドリップコーヒーを始められます。最低限必要なのは1.コーヒー豆、2.ミル、3.ドリッパーとフィルターです。

 

 

1.コーヒー豆 500g 800円

 

 

スーパーにはすでに粉になっているものも売られていますが、挽いてから時間の経っているものと挽きたてのものでは香りが違うのは素人の私でも明らかにわかります。アマゾンで買える「加藤珈琲店」の豆は100gあたり160円というハイコストパフォーマンスなので、毎日気軽に飲めておすすめです。

 

 

2.手挽きミル 1600円

 

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

 

 私も1年半ぐらいは手挽きのミルを使っていました。一人分であれば30秒から1分ぐらいで挽くことができます。ただし、毎日やっているとだんだんとそれすら面倒になってきて、つい最近ようやく電動のミルを買いました。臼式の電動ミルといえば喫茶店やカフェでよく使われているカリタの「ナイスカットミル」が有名ですが、私はボンマックの電動ミルを使っています。電動は挽き方が選べるので、豆のロースト具合で粉の挽き具合を変えて味や香りの違いを楽しむのもいいかもしれません。

 

BONMAC コーヒーミル ブラック BM-250N

BONMAC コーヒーミル ブラック BM-250N

 

  

3.ドリッパーとフィルター 200~600円

 

カリタ コーヒー ドリッパー 1~2人用 HA101 波佐見焼 HASAMI & Kalita #01010
 

 

ドリッパーとフィルターはこだわりが無ければ100円ショップでも買えます。私はカリタのドリッパー(小)と100均のフィルターを使っています。正直これは味や香りに大きな影響はないと思います。

 

すべてアマゾンで買えば3000円台で豆からのドリップコーヒー生活が始められます。毎日ドリップコーヒーを飲んでいると、豆の種類や電気ケトルもこだわりたくなってくると思うので家電量販店などでチェックしてみてはどうでしょうか。ちなみに私が使っている電気ケトルはドリテック製です。