TOKYO Smart Life

東京で暮らすということ。オシャレに、でも自分らしく。刺激と安らぎが両立した生活の一部をご紹介。

東京で住みたい街 都営三田線 巣鴨・千石・白山

都営三田線千石駅は正に管理人が住む最寄り駅です。ここを選んだ理由は職場まで電車で15分であること、文京区という落ち着いた雰囲気と昔ながらの住宅街という住環境の良さです。

いろんな人に住まいを「三田線の千石」と説明してもピンとくる人は少なく、東洋大学がある白山や山手線が通っている巣鴨の近くといえば、イメージを持ってもらえることが多いです。都内に長く住んでいる人でも、都営三田線は馴染みが無い人が多いようです。都心に近いにもかかわらず知名度が低いがゆえに、引越し先として忘れられている気がするのでご紹介します。

 

 

千石駅前はファミレスとドラッグストアとコンビニだけ

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/08/13d9b150298b132e9c33210faaf54ca4.jpg

千石駅は住宅街の最寄り駅なので、駅前に繁華街は無く飲食店が数店のみ。千石駅から巣鴨駅まで一本道の白山通りにはラーメン屋や中華料理屋、アンジャッシュ渡部氏も認めたハンバーグ屋などもあり、簡単な外食には困らない程度です。

関連ランキング:ハンバーグ | 千石駅巣鴨駅駒込駅

 

スーパーはグリーンコートにピーコック、少し離れたところにマルエツプチ、駅に近くに100円ローソンがあります。巣鴨まで行くと西友がありますが、イオン系列のスーパーは無いのでやや物価が高く感じるかもしれません。

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/08/4981df7ee47ea0eb2a3b67801ca2d129.jpg

千石は昔からの戸建ての住宅が立ち並び、豪邸といえるお屋敷には外車や国産の高級車を所有しているしているお宅も多いので、少し離れたスーパーや百貨店まで買い物に行く人も多いんですかね。

 

治安は都内でも上位クラス

 

東京でいう治安とは”民度”(生活水準・文化水準)と言い換えられるのかもしれません。白山・千石から駒込あたりの生活水準は平均以上と言って間違いないでしょう。駅前に繁華街は無いので、酔って騒ぐ輩は皆無、学生は多いエリアかもしれませんが皆まじめな印象で”民度”という面では高いエリアと言えます。女性の一人暮らしで帰宅が遅くなっても、とくに不安を覚えることは無いでしょう。駒込側は六義園を中心に豪邸が立ち並び、自然も多くハイソサエティな雰囲気が漂います。

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/08/dfb254b9f6ea514cefbb5bd2fa88174a.jpg

 

家賃は若干高め

 

肝心の家賃は築年数にもよりますが1R~1Kで8万円~9万円が相場でしょうか。全体的に単身向けの物件数も多くないので、希望の間取りや設備にこだわりすぎると選択肢は狭まるかもしれません。少し離れて巣鴨や西巣鴨までいけば、8万円以内で6~8帖の物件が出てくる印象です。

 

さいごに

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/10/mita_line-min.jpg

 

管理人個人の感想としては、巣鴨・千石は都心へのアクセスと住環境の面で非常に住みやすい街です。都内の主要な駅には30分以内と思ってよいでしょう。知名度が高くないが故に見落としがちですが、今後選択肢のひとつに”都営三田線”を加えてみてはいかがでしょうか。