TOKYO Smart Life

東京で暮らすということ。オシャレに、でも自分らしく。刺激と安らぎが両立した生活の一部をご紹介。

東京の名居酒屋シリーズ 銀座 「酒蔵秩父錦」

東京を訪れる人が一度は憧れる街、銀座


銀座と付く名の商店街は全国に数多くあると思いますが、東京都中央区銀座はその総本山と言っていいでしょう。世界的なハイブランドや宝石を扱う高級店が立ち並ぶ通りを東銀座方面に歩いて、一本奥に入ると現れるのが 酒蔵秩父錦です。

関連ランキング:居酒屋 | 東銀座駅新富町駅銀座一丁目駅


店構えは言うこと無しですね。100点です。営業時間は平日の17:00~22:30まで。席数は40という非常にコンパクトな店内ですが、天井が高く開放感があるので狭さを感じさせません。2018年4月に初訪問した様子をレビューします。

 

 

メニューは手頃な価格で定番ばかり

https://tabelog.com/imgview/original?id=r022147582881

https://tabelog.com/imgview/original?id=r2957760268684


生ビール黒ラベルが550円。居酒屋メニューの定番、枝豆、ポテトサラダ、ハムカツ、はどれも300~500円程度で、ここが銀座であることを忘れるような水準です。おすすめはアジのなめろうさつまあげですね。特にさつまあげは揚げたてを提供してくれるので、身がふっくらとしていて初めての食感でした。

 

名物女将さん


接客をしてくれるのは酒蔵の法被が似合う女将さん。お客さんも常連さんが多いようで気さくに話をしています。初めての我々にもご指導が入ります。まず店内の写真を撮ろうとした、写真はダメと。またアジのなめろうに醤油をかけようとしたら、そのままでも美味しいと思うよ、と諭してくれます。店の伝統と秩序を守るために必要なことなんだと思います。

 

平日に銀座で軽く飲みたいときは


この字型のカウンターには女性ひとりで秩父錦を嗜む方がいたり、ひとり飲みには最適の居酒屋だと思います。孤独のグルメで登場してもおかしくないぐらいですが、おそらくTVはおろか取材すらNGの可能性も高いので、その点を留意してぜひ訪れてみてください。大人数ではなく、1~3人でしっぽりと酒を楽しむのに最適です。

https://tabelog.com/imgview/original?id=r54984272791