TOKYO Smart Life

東京で暮らすということ。オシャレに、でも自分らしく。刺激と安らぎが両立した生活の一部をご紹介。

【新社会人の皆様へ】ネットワークビジネスに気を付けよう

4月から新社会人という方が多いと思いますが、社会人になると毎月の給料と年2回のボーナスがあり、金銭的に余裕が出てくるようになります。そして入社して3~4年するといろんな人からいろんな勧誘を受けるようになります。最近多いのは不動産投資。突然携帯や会社の内線に掛ってきて、「年金の代わりに」とか「資産形成に」とかこちらの言い分も聞かずにまくしたててきます。最初は話している相手を遮って一方的に電話を切るのに勇気が要りますが、向こうもそれは慣れているので文句を言われることもありません。必要ないものはハッキリと「結構です」と言って電話を切りましょう。次に気を付けなければならないのが”ネットワークビジネス”です。

 

 

1.友人だと思っていた人から突然

中学校や高校時代の友達でそこまで仲良くなかったけど、ある日突然Facebookで連絡が来て「久しぶりに会いたい」と言われることがあります。少しでも違和感を覚えたらそれは「ネットワークビジネス」の勧誘である可能性があります。ネットワークビジネスとは、親(師匠)がいてその子(弟子)が会員を勧誘し、その会員がシャンプーや化粧品を買ったらその一部がロイヤリティとして還元される仕組みです。つまり師匠を筆頭に”ネットワーク”を作り、そのネットワークの下位の会員が物を買えば利益が上に吸い取られ、下位の下位の会員が買えばさらに・・・というようにピラミッドの頂点が儲かる仕組みになっています。

 

2.〈実体験〉街で突然声を掛けられたら

明らかな語学学校の勧誘や商品の勧誘ならその場で断れば良いので判りやすいですが、ネットワークビジネスは素性を隠して勧誘をしてきます。

これは私自身の経験ですが、新宿をひとりで歩いているときに同年代と思しき男二人に声を掛けられました。「この辺でおいしいラーメン屋を知りませんか?」と聞かれたので、麺屋武蔵とかベタに二郎とか・・・。ひとしきりラーメンの話題で盛り上がったら、今度一緒にラーメン行きましょう!といって連絡先を交換する流れになります。まぁラーメンぐらいならいいかと思って連絡先を交換して、その日は別れました。

 

3.パーティーがあるんだけど来ない?

連絡先を交換してから数日後何度かやり取りをして、予定を合わせて食事に行くことになりました。その人は小林さん(仮名)とします。そこでは小林さんとお互いの仕事の話や趣味の話をして、またその日は別れました。その後、「恵比寿で異業種交流会みたいなパーティーがあるんだけど来ない?」と誘われ行くことになります。恵比寿の駅から10分ぐらい歩いたところにあるレストランを貸し切って、100人ぐらいが参加している立食ビュッフェ形式の会でした。そこでは私を誘った小林さんと主催者が親しげに話をしていました。そこでいくつか違和感を覚えたことがあったのですが、主催者と小林さんをはじめとする勧誘者たちがお互いをニックネームで呼びあっているのです。後々調べてみるとこれもネットワークビジネスをやる人たちの特徴のようです。そしてそのパーティー会場では「紹介したい人がいる、会わせたい人がいる」と言っていろんな人を紹介されます。今思えばこれは親(師匠)に対する仕事ぶりのアピールだったのだと思います。

 

4.徐々知り合いを増やして外堀を埋めていく

パーティーで同年代の男女5~6人を紹介されて、やたらと親切にあれやこれやとコーディネートしてくれます。数回会ったところで小林さんが「自分の師匠に会わせたい」と言ってきます。師匠?という呼び名にも違和感MAXでしたが、会ってみることにしました。そしてその師匠の師匠という橋本さん(仮名)にも会いました。とくに相談することも無いんだけどなぁと思いつつ、その師匠二人から「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読みなさい、と言われました。これもネットワークビジネスの特徴ですが、このキーワードが出たら99%ネットワークビジネスと思って間違いないです。

 

5.弟子入りを強く勧められる

小林さんは師匠とその師匠の橋本さんをひどく尊敬していて、やたらと持ち上げます。そして周りの仲間を使って、その師匠の弟子になることを強く勧めてきます。私はこのあたりで新手のネットワークビジネスだと薄々気付いたのですが、潜入捜査のつもりで師匠に弟子入りを申し出てセミナーに参加しました。セミナーでは登壇者に対する拍手やリアクションの練習が行われ、ほとんど宗教のような異様な空気でした。「ラリー」と呼ばれる2次会のようなセミナーでは300~400人が大田区のホールに集められて、成績優秀者と思われる登壇者の自慢を延々と聞かされます(タワーマンションに引っ越した、車を買い替えた等々)。この辺で面倒くさくなってきたのと、15万円するスターターキットを買わされそうになったので辞めることを伝えました。

 

6.さいごに

人に親切にされると「自分のためを思ってこんなに」とか「自分も(見返りで)応えなくては」という心理が働きます。それは人として当然の感情ですが、ネットワークビジネスだと気づいた時点でそのような考えは捨て去りましょう。儲かるという話を信じ込んで自分も友人や親類を勧誘し始めると、信用をどんどん失って大切な友人や家族との関係を悪化させてしまう可能性があります。

道で声をかけられて何度か食事に行って、同年代でお互いの仕事や人生について飲みながら語り合ったら、ちょっとした情のようなものが湧いてきます。でも出会って間もない人が自分のことを親身に考えてくれる裏には何かある、と気づく瞬間が成長のタイミングだと思います。大きく損をしない程度に騙されるのも大事なことなので(私はトータル10日間、セミナーや飲食で1万円ぐらい使った)とりあえずやってみる気持ちを大切にいろんな人との出会いを積み重ねていきましょう。

 

連鎖販売取引 - Wikipedia