TOKYO Smart Life

東京で暮らすということ。オシャレに、でも自分らしく。刺激と安らぎが両立した生活の一部をご紹介。

1987年滋賀県生まれ。小さなころから大人しく、ひとり遊びが好き。

文章を書くのが好きで、本を読むのも好きで、効率的なインプットのためにアウトプットの場を求めてブログを始めました。
このブログのテーマは「コーヒーと恋とお金」
好きなコーヒーのこととちょっと得意なお金のこと、ときどき恋的なことも書いていきたいと思います。

生い立ち
〈小さなころ〉
子どものころの夢は大工になること、そして交通整理の旗を振ること。光る棒で車をさばくおじさんがカッコよかった。

〈小学生〉
小学生になったら、地元のソフトボールチームに入った。純粋にボールを投げて打つことが楽しかった。
稲刈りが終わった田んぼの中で、日が暮れるまで走り回ったり野球をして遊んだ。
小学3年生のころ出会った友達の影響で、鉄道好きになる。
プラレールの青いレールを部屋いっぱいに広げて、すべてが一本に繋がったとき、鉄道に魅力に憑りつかれた。
ローカル線(近江鉄道)のフリー切符を使ってできるだけ遠くに行った。
JRも使って県外にも出た。この頃から旅好きになった。
小学6年生、町内のソフトボール大会で優勝した。
中学になったら野球部に入ると決めていた。

〈中学生〉
中学の野球部は決して強いチームではなかったが、後に日本を代表するピッチャー(東北楽天:則本)を輩出することになる。
ゆるく野球をしながら、ちょっとやんちゃなヤツらとも遊んだ。
プリペイド携帯を見せびらかしながら、必死に着メロを打ち込んでいた。
勉強は中の中。希望していた高校への進学は叶わず、総合学科の公立校へ進学。

〈高校生〉
高校でも野球部に入った。人生初の坊主頭。
できて新しい野球部だったこともあり、先輩後輩の仲は良かった。
高校野球の緊張感を楽しみながら、休まず練習はやっていた。
1年生にして初めての彼女ができる。
がしかし、1ヶ月で別れる。理由は今でもわからない。
別れの言葉は「付き合ってる気がしない」

毎日朝練、試合漬けの日々はそれなりに辛いものがあったが、その後に人生に活きる教訓も多かった。
3年生の夏休みから猛勉強し、無事東京の大学に合格。
憧れの一人暮らしを始める。

〈大学生〉
2006年4月、念願の東京で一人暮らし。髪を染め、バラ色の学生生活を思い描いて登校。
そこで大学生のレベルの低さに愕然とし、サークルに入るも馴染めずバイトに走る。
学校でほとんど友達ができないまま、バイト先で先輩同期とつるむ日々。
学生生活のほとんどを下北沢のカフェと、多摩センターの教育会社内のバイトで過ごす。

大学の全国ネットCMに出演するという爪痕を残して卒業。

リーマンショックの余波で氷河期に近い環境のなか、某メーカー系金融会社に内定。

〈社会人〉
2010年4月、半年間の研修期間で同期との仲を深めたところで、縁もゆかりもない広島にある福山営業所に配属。
田舎の文具店や車屋、農機具屋を回り、営業のような仕事をすること約1年。
2011年10月、営業所の縮小に伴って名古屋へ異動を告げられる。
気の合う同僚に恵まれ、名古屋の暮らしを満喫。

2014年10月、社内公募の選考を通過し、本社の海外事業部へ異動。

30代に突入し、あと30年以上あるの会社人生を悲観しつつ、日常をブログにつづる日々。

プロフィール
id:tokyo_life
ブログ投稿数
17 記事