読書生活 with TOKYO Smart Life

ビジネス本を中心に、読んだ本の感想とちょっとした要約をブログ形式でご紹介

1分で話せ 結局相手を動かしてなんぼ

 

 

【読むべき人】伝えたいことをがうまく伝わらない

【読むと得られること】無駄な情報を削ぎ落とし、印象に残るような情報の伝え方の意識

【本書のキーワード】

  • 相手が動くために、できることをすべてやる
  • 意味が繋がればロジカル
  • 理解、賛成、あと一歩は?
  • 正しさだけでは人は動かない
  • 頭の中に生まれたイメージ、自分に当てはめて考えるようになるかどうか
  • 伝えたいことを一言キーワードで表す

 

理解してもらうはゴールにならない、結局動かしてなんぼ

会議や商談において、うまく話すことや突拍子もない質問に対応するための準備にばかり時間を割いてしまうことには身に覚えがあります。つたないしゃべりでも、伝えるべき情報やキーワードを相手に印象付け、相手に行動を起こしてもらうことが本質的な目的であるはずですね。本書は相手に行動を起こしてもらうための具体策を示しながら、そのような目的の履き違えを正す機会を与えてくれそうです。

ただしやることや意識することはシンプルで、「相手が動くために、できることをすべてやる」だけです。これが当たり前とわかりながら意外にできていないんじゃないかと思います。事前の根回しやプレゼン、商談後のアフターフォローなどは決して失礼でもルール違反でもないのに、思ったほどできてない。それはきっと相手に起こしほしい具体的なイメージができてないからなんでしょうね。これは仕事の場に限らず、プライベートでも家族や友人、恋人に頼みごとをするときにも使えると思いました。相手にこうしてほしいという事柄だけではなく、その目的を達成するための行動もイメージして示してあげる必要があることを、本書を通じて気付きました。

 

あと一歩の背中を押すもの

賃貸に住み続けるよりマンションを買えばいずれ自分の資産になる。いま目の前に希望の条件に合った物件がある。でももっといい条件の物件があるかも、価値が下がるかも、単純にローンを組むのに勇気がいる。良いのはわかっているけど、あと一歩、あと一押しがあればなぁ。大きな決断ほど、デメリットがちらついて決めきれないのが人というもの。人は正しいとわかっただけでは行動しない、面倒くさい生き物のようです。

本書では最後のあと一押しは「自分に当てはめて、頭の中に理想的なイメージが湧くかどうか」に掛かっているということです。やはり最後に訴えかけるのは人の感情ということなのでしょうか。

そのキーワードは「想像してみてください」というセリフ。たしかにそう言われると自分なりの前向きなイメージを頭の中に思い浮かべるでしょう。

短歌や川柳に文字制限がありつつ情景を豊かに表現できるのは、無駄を極力削ぎ落とし、言葉にリズムがあるからだと思います。CMや広告のキャッチコピーが印象に残るように、プレゼンや商談で最も印象付けたい言葉が、自分が最も伝えたいキーワードになるよう構成を作る。これは著者が最も伝えたかったことだと私は理解しました。ビジネスでもプライベートでも使える、気づきの多い一冊でした。

★★★★★ 92点

サブスクリプションの基本「ストックビジネス」参入バイブル

 

中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル

中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル

 

 

【読むと得られること】外販可能な自社ノウハウの洗い出しと取るべき行動の指針がつかめる

【読むべき人】安定的に稼げる新規事業を立ち上げたい

 

疲弊していく従来型ビジネスモデル

私が以前の部署で担当していた情報機器代理店。複合機がメインの商材でしたが、製品はコモディティ化し、機能も価格も似たり寄ったり。期末になると営業マン達は既存の担当顧客をまわり、毎月のリース料を下げ、カウンター料金(コピー1枚あたりの単価)を下げ、頭を下げて売り歩きます。こりゃ業界的にも精神的にも消耗戦だなと日々感じていました。物の販売代理店とは、メーカーから仕入れてそれを売らないと売上が上がらない、典型的なフロービジネスだと思います。

一方でストックビジネスとは、ある資産やサービスを元に細く長く売上をあげ、それを積み上げて毎月のキャッシュフローを安定させるビジネスモデルといえます。小口分散投資のイメージでしょうか。不動産からの家賃収入が典型ですね。

 

中小企業がストックビジネスを確立するには

本書では、連続増収増益を続けている企業がストックビジネスを生業としていることから、リーマンショックなどの市場環境の急変にも強いビジネスモデルであることを説いています。では、具体的に中小企業がどのようにしてストックビジネスを立ち上げるのか。それをどうマネジメントしていくのか。一応教科書的に解説してありますが、もう少し具体例があれば親切かなと思いました。例えば、「不動産売買していたものを、賃貸にしてストックビジネスにしていけば良い」という部分。理論的にはそうなんでしょうけど、キャッシュフロー的には厳しいのは目に見えています。実際にすぐのビジネスモデルの転換は難しいでしょう。

サブスクリプションモデルは継続的なサービス提供が向いている形態なので、継続的に外販できる体系的なノウハウやサービスがあれば適しているんでしょうね。ホームページ運営、保守管理が典型でSNSの運営なんかも定額で提供できそうなサービスだと思います。当然、手間ひまのコスト人件費が定額料で賄えるか、解約率を何パーセントに設定して、何人の会員を獲得するのが損益分岐点か、これが最大のノウハウのような気がします。

さらっと書かれていたおもしろいだったのが、オリジナルサプリメントOEMで作って、自社サイトで継続購入の顧客を増やしてストック化していくというビジネス。調べてみると、サプリメントOEM製造委託は結構簡単にできるみたいです。しっかりとニッチなニーズを取り込んだサプリメントを作れば、十分に可能性のあるビジネスモデルだと思いました。

 

私が関わる金融業はストックビジネスなので、資産残高を積み上げていって、そこから発生する金利で食っているわけです。一方で小売店、卸会社は常に売り買いを流していかないと利益を生まないので、少しでも歯車が狂うと企業としてのバランスを崩しやすいという点で安定感に欠けるといえます。

このような各社のビジネスモデルや利益構造を考える機会として読むと、自社の仕事を見つめ直すきっかけとなるでしょう。ストックビジネス確立の重要性と、サブスクリプションモデルに参入する足掛かりとして読みやすい一冊です。

★★★★☆ 85点

「東大読書」で講師兼生徒をひとりでやってみた

 

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

 

【読むと得られること】能動的な読書法が身に付く

【読むべき人】読んだことが身に付いているかどうか不安な人

 

読者ではなく、記者になる能動的な読書

読書術というのは私が好きなテーマの本です。読書術の本を読むたびに、なるほど!という感触を得つつ、いつのまにか流し読みのようないつもの読書に戻ることを繰り返しています。これもまた真なりであり、読書は筋トレと同じで、一度読んで身につく方法論はその場限りのテクニックに過ぎないのかもしれません。

本書にも読書の効果を高める具体的な手法が紹介されています。それぞれの手法に対する理由付けがしっかりしていて、さすが東大生と思わせる構成。

特に意識面で有効だと思ったのは、能動的な読書という点です。本を読むというのは本来能動的な行為ですが、実体は文字を目で追って読んでいても、意識を通り抜けて読んだ気になっているケースが多いように思います。

能動的な読書の具体的な手法として、本との議論が挙げられています。これはセルフレクチャーともいえますが、この本を教科書として、講師と生徒をひとり二役やる方法です。メモを取らずに読書するのは、手ぶらで授業を受けるようなもの。

例えば明日この本をテーマにプレゼンをしてください、時間は30分です、と言われたら。多くの人はその本をひと通り読んだ上で、要点をまとめて他人にレクチャーするでしょう。当然受講生からの質疑応答もあり、それに備えて自分なりの答えを持っておく必要がありますよね。

それをイメージして一度試しにやってみると、要点を拾うとなると思ったより時間がかかるし、論理性のある説明をするためのまとめをしようとすると頭を使うので結構疲れます。感覚的には読書ではなく、読取、読習と思ったほうが近いです。

 

タイトルに東大が付くとついつい手に取ってしまうほど、私のなかで東大の権威は絶大です。やっていることは特殊ではないにしろ、やはり目の付け所が凡人とは違いますね。自分なりの体系的なルールを確立していくのが東大生というカテゴリーになれる人なんだと思います。

 

ノートや付箋を片手に、今すぐ始められる東大読書。特にビジネス書好きにはぜひ読んでもらいたい一冊です。

★★★★☆ 82点