TOKYO Smart Life

東京で暮らすということ。オシャレに、でも自分らしく。刺激と安らぎが両立した生活の一部をご紹介。

3000円から始める”おうちコーヒー”生活

f:id:tokyo_life:20180425000757j:plain

管理人の唯一の趣味と言っていいのが”コーヒー”です。ただ、特別な知識やこだわりがあるわけでもなく、単にコーヒーを飲むのが好きというレベルです。強いてこだわりといえば「毎日豆をミルで挽いて、ドリップしている」ことでしょうか。個別パックのドリップコーヒーを買っているときもありましたが、「豆を買ってドリップした方がコスト的にも安いんじゃないか」と考え、ビックカメラで一式揃えました。3000円あれば気軽にドリップコーヒーを始められます。最低限必要なのは1.コーヒー豆、2.ミル、3.ドリッパーとフィルターです。

 

 

1.コーヒー豆 500g 800円

 

 

スーパーにはすでに粉になっているものも売られていますが、挽いてから時間の経っているものと挽きたてのものでは香りが違うのは素人の私でも明らかにわかります。アマゾンで買える「加藤珈琲店」の豆は100gあたり160円というハイコストパフォーマンスなので、毎日気軽に飲めておすすめです。

 

 

2.手挽きミル 1600円

 

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

カリタ 手挽きコーヒーミル KH-3 #42077

 

 私も1年半ぐらいは手挽きのミルを使っていました。一人分であれば30秒から1分ぐらいで挽くことができます。ただし、毎日やっているとだんだんとそれすら面倒になってきて、つい最近ようやく電動のミルを買いました。臼式の電動ミルといえば喫茶店やカフェでよく使われているカリタの「ナイスカットミル」が有名ですが、私はボンマックの電動ミルを使っています。電動は挽き方が選べるので、豆のロースト具合で粉の挽き具合を変えて味や香りの違いを楽しむのもいいかもしれません。

 

BONMAC コーヒーミル ブラック BM-250N

BONMAC コーヒーミル ブラック BM-250N

 

  

3.ドリッパーとフィルター 200~600円

 

カリタ コーヒー ドリッパー 1~2人用 HA101 波佐見焼 HASAMI & Kalita #01010
 

 

ドリッパーとフィルターはこだわりが無ければ100円ショップでも買えます。私はカリタのドリッパー(小)と100均のフィルターを使っています。正直これは味や香りに大きな影響はないと思います。

 

すべてアマゾンで買えば3000円台で豆からのドリップコーヒー生活が始められます。毎日ドリップコーヒーを飲んでいると、豆の種類や電気ケトルもこだわりたくなってくると思うので家電量販店などでチェックしてみてはどうでしょうか。ちなみに私が使っている電気ケトルはドリテック製です。

 

 

 

東京で住みたい街 高級住宅街編 千代田区番町

https://tokyorent.jp/images/column/17/pict_01.jpg

これから東京都内で物件を探そうとしている方で、「千代田区」は検討エリアに入っているでしょうか?中でも「番町」は江戸時代から江戸城を守る旗本や官僚を住まわせた由緒ある高級住宅街です。

実は管理人は、とある事情で半蔵門に1年半ほど暮らしていたことがありまして、今回は東京の中でもさらに都心に住むメリットとデメリットについて書きたいと思います。

 

 

高級住宅街に住むメリット

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-14-25/snjkktmt/folder/326412/57/2241957/img_0?1244980862

番町は住所でいうと千代田区となり、前述したとおり知る人ぞ知る高級住宅街です。永田町や日本テレビの麹町スタジオに近いもともあり、有名な政治家や芸能人も自宅を構えているエリアです。高級住宅街に住むメリットは何と言っても「住環境の良さ」でしょうか。私は三番町に住んでいましたが、高校や大学が近くにあってオフィスもあるので学生や会社員が多いですが、休日は学校も会社も休みなので非常に静かです。住宅街なのでそこまで車通りも多くなく、繁華街もないので酔って騒ぐ輩はまず居ません。大使館が近かったり政治家や芸能人が暮らすぐらいのエリアなので、警察のパトロールや警備はしっかりしていて治安は最高レベルに良いと言えるでしょう。また、住所を書いた時に「千代田区三番町」というだけで店員の扱いが変わることはよくあります。住所だけで富裕層扱いを受けられる可能性がありますよ。

ちなみに「君の名は。」の主人公、瀧くんの自宅は千代田区六番町と言われています。

kiminonaha.trendnote.xyz

 

都心に住むデメリット

f:id:tokyo_life:20180424235246j:plain

三番町は麹町や赤坂、四ツ谷にも近く、少し足を伸ばせばす新宿です。とにかく都心へのアクセスは抜群です。一方でデメリットとしては、家賃相場は高いと言わざるを得ません。半蔵門であれば1Kで10万円以下は珍しく、1LDKで15~20万円といった印象です。築年数が古い物件も多いですが、なかにはヴィンテージマンションとして築40年以上が経った今も高い人気を誇る物件もあります。家賃相場が高いというのは裏を返せば資産価値が下がりにくいということですが、賃貸マンションに住む庶民にとっては家賃が高いというのは大きなデメリットです。

http://www.stepon.co.jp/pub/img/mansion/999997/10802043/10802043_1_l.jpg

またスーパーやドラッグストアが少ないので、家族住まいで日常的に食料品や日用品が必要な場合はやや暮らしにくいかもしれません。飲食店の数も多くないので自宅の近くで気軽に食べて帰りたいという方は不便かもしれません。

 

一人暮らしで高級住宅街はあり

https://cdn.zuuonline.com/600/400/uploads/pixta_16207858_S.jpg

皇居を中心とみると特に番町は大手町や六本木、赤坂で仕事をする会社員にとって通勤時間が短く、タクシーでも2000円程度で帰れる隠れたおすすめエリアです。家賃や生活費は若干高くなるかもしれませんが、やや背伸びをして高い生活水準を経験すると、身の丈に合った人間になろうとする副次的効果も期待できます。

私の場合は、休日は皇居をランニングして自宅でシャワーを浴び、自転車で赤坂や六本木まで足を伸ばしてカフェで読書をする、という優雅な生活を送っていました(笑)

一般のサラリーマンがファミリー向けマンションを購入するのは難しいエリアですが、独身のうちに高級住宅街を経験するのは、その後の人生で非常に有意義であると個人的には感じています。物件探しの候補に「千代田区」を加えてみてはいかがでしょうか。

仕事が辛くなった時には"これ”で救われる

f:id:tokyo_life:20180423232818j:plain

いきなり暗い話で申し訳ないのですが、自殺したり過労死する人の多くが会社員のような気がします。自営業でも金銭的な問題から追い込まれる人はいるかもしれませんが、働きすぎて死んでしまうのはあまり聞いたことがありません。会社員は会社の命令で一定のキャパシティを超える仕事や労働時間を課せられてパンクするわけで、それに上司や取引先からのプレッシャーやパワハラなんかが重なり、追い込まれてしまうのだと考えます。
はたから見れば「休めばいい」「辞めればいい」 と簡単に思うでしょう。しかし長時間労働や精神的なプレッシャーで心身ともに追い込まれた人は、そのようなことすら考える余裕も無いのです。
そんなときは少し立ち止まって、別の方向を見てみませんか?毎日忙しいせいですごく狭い世界でしか物事を見られなくなっていませんか?我々の住む日本や地球には、実はとても大きな世界が広がっているのです。

 

海を見る。空を見る。

f:id:tokyo_life:20180423232852j:plain

日本は島国なので、少し移動すれば海が見えるところに出ると思います。天気の良い日に、遠くに広がる大きな海を眺めていると、自分はなんて小さな存在なんだろうと感じるでしょう。ゆっくり出港する船や飛び交う鳥たち、波の音を聞くだけで仕事のことを忘れられるだけでなく、「大して思い悩むほどのことではないのかもしれない」と感じられないでしょうか。水平線に沈む夕日を見ると泣いてしまうかもしれません。

f:id:tokyo_life:20180423232918j:plain

海が遠い場合は、空を見てみませんか。とくに星空は、遠く宇宙の星を感じられてとても気持ちが大きくなるはずです。都会はビルが立ち並んでいて、空が狭く感じられるかもしれません。少しでも空を大きく感じられる、山の上や開けた公園に出かけてみるのもいいでしょう。もし天気が悪ければプラネタリウムもいい気分転換になります。

とにかく地球や宇宙の大きさを感じるだけで、日々時間に追われる生活や様々なプレッシャーが小さく感じられるはずです。

 

社会に必要とされている実感を得る。

f:id:tokyo_life:20180423233218j:plain

忙しく仕事をしていると、ふと「これって意味のある仕事なの?」と疑問を感じるかもしれません。一時的に仕事が忙しくても、なにかゴールのある仕事や大きな達成感を感じられれば、それはとても意味のあることだと思います。自分のやった仕事で誰かが喜んだり、感謝されたりすれば、それは大きなモチベーションになるでしょう。ところがあなたは最近、面と向かって感謝されましたか?きっと日々の仕事中では大きな成果や達成感を得られる機会はそれほど多くないのが現実でしょう。仕事で成果や感謝を感じられないのなら、プライベートでそのような機会を作ってみてはどうでしょうか。例えば私は「寄付をする」ことをおすすめしています。寄付の金額はそれほど大きくなくても大丈夫です。例えば世界のなかには十分に食事を採れなかったり、教育を受けられない子どもが数多くいます。あなたの1000円や1500円がどれだけ多くの子どもの役に立つかを知るだけで、働いてお金を得る意味を感じられるはずです。今まで自分ためだけに得ていた給料が、自分の支援を待っている子どもたちのためにあるものだと考えると、仕事に対するモチベーションも変わってくるでしょう。

間接的な寄付ではなく、ボランティアという形で感謝される実感を得るのもありかもしれません。

www.savechildren.or.jp


退職届を書く。

f:id:tokyo_life:20180423233447j:plain


あなたは今の仕事をやめた自分が想像できますか?仕事を辞めた自分を客観的に見たとき、そこにいる自分は希望に満ちているでしょうか?それかやり残した何かに後悔しているでしょうか?退職届を書くという行為は、仕事を辞めると決めた人がとる行動と思われがちですが、辞めるつもりが無くても書いたっていいじゃないですか。退職届は会社に対する別れの手紙であり、辞めたいと思った会社に対しての初めて抵抗かもしれません。あなたは決して会社の言いなりではなく、「退職届」という権利を主張できる最強のカードを持っているのです。いつでも辞められるというカードを持っているだけで、会社の仕事に振り回されてきた自分が、少し強くなった気がしませんか?本当に今の仕事が辛くてどうしようもないのなら、今すぐ退職届を書きましょう。

doda.jp


いま仕事に押しつぶされそうになっている方、長時間労働と低賃金でモチベーションが上がらない方、その経験とあなたの能力を最大限に活かせる仕事が世の中にはたくさんあります。まずは少し時間を取って、上記の3つのことを試してみませんか。

新社会人必見!日経新聞を無料で読む方法

f:id:tokyo_life:20180422181347j:plain

管理人は金融会社に勤めています。入社する前から「日経新聞日本経済新聞)は読むべき」と何の疑いもなく言う大人が多かったので、半年ぐらい日経新聞を取っていました。毎日5時ごろにはポストに新聞が入っていて、ほとんど記事の内容もわからないまま気になった記事はスクラップしたりして新聞を読んだつもりになっていました。また、社会人1年目の時に会社で「日経テスト」受けることになり、テキストを買ってテスト対策をしたりと、違和感を覚えるぐらいの「日経新聞」信仰に少し疑問を持っていました。社会人1年目で引越しをしたのをきっかけに日経新聞の購読はやめてしまいました。その後も上司が変わるごとに「日経新聞読んでないの!?」と馬鹿にされることが何度かあり、意固地になってアプリで無料で読める「産経新聞」を読んだりしたことはありました。
今回は新社会人の皆さんへ、日経新聞を読むことの必要性と無料で購読する方法をお伝えしたいと思います。

 

1.日経新聞を読む必要性

http://3.bp.blogspot.com/-DZj8zhjSpn0/UOcZCDWt6BI/AAAAAAAAOyo/MHjOdgHcNis/s1600/%E6%97%A5%E7%B5%8C%E6%96%B0%E8%81%9E+%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg


あなたの仕事の業種や規模にもよるかもしれませんが、会社勤めをしているとかなり確率で「新聞を読め」と言ってくる先輩や上司が現れます。私の経験上、9割方が日本のサラリーマンを代表するようなおじさんたちです。そこで「新聞は取っていません。。。」と答えると、待ってましたと言わんばかりに「新聞読んでないの!?(これだから最近ゆとりは・・・)」と馬鹿にされることでしょう。最初の1,2年はハイハイと受け流していれば良いのですが、5,6年目になってくるとやや本人の評価にも関わってくることもあるかもしれません。
ただし個人的な意見ですが、上司の評価以外に日経新聞を読んでいなくて仕事上で困ることはまずありません。もちろん読まないよりは読んでいたほうが政治や経済のトレンドキーワードなんかをキャッチしやすい一面はあると思います。しかしこれだけネットの情報が溢れている昨今では、日経新聞だけに頼る「日経信仰」はむしろ危険と思ったほうが良いでしょう。ただ現実には多くの会社員が読んでいるのが日経新聞である以上、共通の話題として「昨日のドラマ見た?」的に「今日の日経の一面だけど・・・」という話題について行けた方が会話がスムーズであることも否定できません。

 

2.毎月4200円払うのはきつい

f:id:tokyo_life:20180422182254j:plain


日経新聞の購読料は電子版が月4200円、紙面のみが4900円、紙面宅配と電子版セットが5900円と、毎月のスマホ代に匹敵するぐらいのコスト負担は決して軽くありません。実は言うと私はある時期まで、会社のごみステーションで毎朝誰かが読み終えた日経新聞を拾って読んでいました。10分ぐらいで流し読みするだけで大きなトピックは掴めたので、その日の話題に付いていくには十分でした。しかし日によっては新聞が捨てられていなかったり、出勤してから読む時間がなかったりして、だんだんその習慣も続かなくなりました。そういうときに限って新聞読め読めおじさんが現れて小馬鹿にしてきます。社会人の6,7年目になるとその屈辱も耐えられなくなり、毎月5000円を払ってでもそのおやじに対抗しようかと思いました。そんなとき会社の同期から「日経新聞の記事を無料で読む方法」聞いたのです。

 

3.楽天証券の口座を開設すればいい

www.rakuten-sec.co.jp


証券会社といえば最大手の「野村證券」や「大和証券」なんかを思い浮かべる人も多いかもしれません。ただそのような大手証券会社は大企業や富裕層を主なターゲットとしているので、一般の会社員には手数料が高かったり近くに支店が無かったりして、使い勝手が悪いものです。そこで活用すべきなのが「ネット証券会社」です。各社は利用者を取り込もうと証券口座を開設した人にさまざまなサービスを提供していますが、その中で日経新聞の記事が無料で読める「日経テレコン」を提供しているのが楽天証券です。


日経テレコンはあまり聞き慣れないかもしれませんが、簡単に言えば日本経済新聞社が提供しているオンライン情報サービスです。そこでは日経電子版とほぼ同じ朝刊・夕刊の記事がスマホで読むことができます。紙面もPDFで読めるので、写真やグラフ、紙面の大きさも確認することができます。実は紙面の大きさが意外と重要で、紙で読んでいるおじさんたちはこの紙面の大きさでニュースの重要性や話題性を判断しています。仮にあなたが気になった見出しも、紙面では隅っこに小さく掲載されているだけで共通の話題とならない可能性が高いです。文字数の多い記事はPDFの紙面も大いに活用しましょう。

 

4.ちょっとだけデメリットも


有料の日経電子版では紙面を紙の新聞と同様に一覧で読むことができます。これなら見出しの大きさや記事の写真・グラフも一目で確認できます。一方で無料の日経テレコンでは、紙面を記事ごとには見られますが一覧ですべてを見ることができません。すべてを見ようと思ったら記事のリンクを開いて、PDFをクリックする必要があります。有料の電子版のようにあらかじめダウンロードしておくこともできないので、電波の悪い地下ではリアルタイムに読むことができないデメリットもあります。
ただこれも日経テレコン版に慣れてくると、必要な記事だけをささっとチェックして気になるところは熟読するような読み方が身についてきます。普段からスマホでニュースをチェックしている人ならむしろこちらの方が情報を拾いやすいと思われるかもしれません。

 

さいごに


冒頭で書いたように、あなたの仕事の業種によっては全く日経新聞など必要ないと思います。ただ普段からニュースサイトやメールマガジンなど、複数の情報ソースを持っておいて取捨選択できる力が必要とされているので、日経新聞をはじめとした情報を仕入れる手段は知っておいて損はないでしょう。

孤独のランチシリーズ 福岡出張編 高コスパ 明太子食べ放題 福太郎 ¥540

福岡出張2日目の昼は特に予定が無かったので、大濠公園を一周散歩して、中国人と韓国人に囲まれつつ公園の池を眺めながらスタバで休憩。

https://tabelog.com/imgview/original?id=r7972849619282


天神に戻って遅めのランチにしました。散々迷った挙げ句、福太郎に辿り着きました。
福太郎は博多のお土産で有名な「めんべい」を作っている「山口油屋福太郎」が運営しているお店です。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 天神南駅西鉄福岡駅(天神)天神駅

 

 

540円で明太子食べ放題


メニューはどれも明太子とイカ明太が食べ放題で、以下3つが定番メニューのようです。

福太郎のめんたいボウル ¥540
福太郎の錦盛りボウル ¥750
福太郎の博多茶漬け膳 ¥820

私は「福太郎のめんたいボウル」を注文しました。ご飯が1回お替りできるので、明太子で1杯、卵かけご飯で1杯で明太子尽くしのランチを堪能できます。この値段で明太子を存分に味わえるのは、本場博多ならではですね。ちなみに東京でも羽田空港で同じようなメニューを提供しているようですが、こちらは¥680からとなっています。それでも安いですね。

 

平日は行列も。狙い目は日曜日の14時ごろ

https://tabelog.com/imgview/original?id=r5245922446355


これだけコスパの良いランチはそうそう博多・天神エリアでもありません。席数はそれほど多くないので、平日の昼時はサラリーマンやOLで満席になることは間違いないでしょう。観光で訪れる際は少し時間をずらして、14時ごろが狙い目だと思います。

 

ランチのついでにお土産も。お徳用「割れせん」があればラッキー

https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2017-08/2/1/asset/buzzfeed-prod-fastlane-03/sub-buzz-32175-1501652727-7.jpg?crop=834:874;188,39&downsize=715:*&output-format=auto&output-quality=auto


店内には食事ができるスペースと販売エリアがあります。ここではランチで食べた明太子やイカ明太、出汁醤油なんかも販売していてお土産の調達にも重宝します。当然看板商品のめんべいは多くの種類がありますが、お徳用の「割れせん」が売っていればラッキーですね。通常は120gで¥480からですが、割れせんは200gで¥450という値段設定でお得感があります。工場の生産具合であったり無かったりするようなので、直営店に事前に確認してみても良いかもしれません。

手軽に明太子を堪能したい!と思ったときは福太郎をランチの候補に入れてみてはどうですか?

名居酒屋シリーズ 福岡出張編 炊き餃子の隠れ家 池田屋

ブログのタイトルからしても東京のネタを中心に書く主旨でやってるわけなんですが、先日福岡に行く機会がありまして、良いランチと居酒屋に出会ったのでご紹介します。
福岡の食といえば、もつ鍋、明太子、豚骨ラーメン、鉄鍋餃子など、枚挙にいとまがありません。
今回は友人の結婚式があって福岡に行ったため初日の夜は二次会で軽食だけ。そこで二日目の夜は地元の若者が集まるという、大名周辺で店を探しました。たどり着いたのが今回訪れた「池田屋」です。

関連ランキング:餃子 | 赤坂駅薬院大通駅西鉄福岡駅(天神)

※写真は食べログよりリンクを貼っています。 

 

 

キーワードは隠れ家


管理人が居酒屋を探す基準は、和な雰囲気の隠れ家的な店構えであることです。店を見つける探検的な楽しさと、あまり知られてないであろうレア感、また過去大きなハズレは無い経験から自然とそうなりました。今回ある程度事前に検索していきましたが、日曜日だったこともあり事前に調べた三軒とも休み(日曜営業と書いてあったにもかかわらず...)。そのうち二軒は店構えで見送り(これは単なる直感で根拠無し)。
最後に行き着いたのが、看板もなく少し奥まったところに店を構える 池田屋です。

https://tabelog.com/imgview/original?id=r2173144760138

民家を改装 天井が高く開放的な空間


飾らない店構えと隠れ家な雰囲気がGOOD。お通しはイカと鯛とイクラを和えたもので、これもまたGOOD。店員さんもハキハキしていて気持ちいいです。前日にビールを飲み過ぎたため乾杯は男梅サワー。芽わさびをつまみながら、厚焼き玉子、地鶏の炭火焼などをいただきました。

https://tabelog.com/imgview/original?id=r2090062271632

https://tabelog.com/imgview/original?id=r0769442804691

 

 

名物 炊き餃子


来ているお客さんのほとんどが注文しているのが炊き餃子です。鉄鍋の出汁で餃子が煮込まれていて、シメにはちゃんぽんかおじやにできます。もつ鍋までいらないけど、シメは食べたいときにちょうどいいですね。日本酒は詳しくないのでなんとも言えませんが、種類は多いので酒を中心に呑んべえにも嬉しいお店ですね。

https://tabelog.com/imgview/original?id=r2098962271690

 

博多 天神方面で夜の食事に迷ったときは、ぜひ候補に入れてみてください。

東京で住みたい街 都営三田線 巣鴨・千石・白山

都営三田線千石駅は正に管理人が住む最寄り駅です。ここを選んだ理由は職場まで電車で15分であること、文京区という落ち着いた雰囲気と昔ながらの住宅街という住環境の良さです。

いろんな人に住まいを「三田線の千石」と説明してもピンとくる人は少なく、東洋大学がある白山や山手線が通っている巣鴨の近くといえば、イメージを持ってもらえることが多いです。都内に長く住んでいる人でも、都営三田線は馴染みが無い人が多いようです。都心に近いにもかかわらず知名度が低いがゆえに、引越し先として忘れられている気がするのでご紹介します。

 

 

千石駅前はファミレスとドラッグストアとコンビニだけ

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/08/13d9b150298b132e9c33210faaf54ca4.jpg

千石駅は住宅街の最寄り駅なので、駅前に繁華街は無く飲食店が数店のみ。千石駅から巣鴨駅まで一本道の白山通りにはラーメン屋や中華料理屋、アンジャッシュ渡部氏も認めたハンバーグ屋などもあり、簡単な外食には困らない程度です。

関連ランキング:ハンバーグ | 千石駅巣鴨駅駒込駅

 

スーパーはグリーンコートにピーコック、少し離れたところにマルエツプチ、駅に近くに100円ローソンがあります。巣鴨まで行くと西友がありますが、イオン系列のスーパーは無いのでやや物価が高く感じるかもしれません。

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/08/4981df7ee47ea0eb2a3b67801ca2d129.jpg

千石は昔からの戸建ての住宅が立ち並び、豪邸といえるお屋敷には外車や国産の高級車を所有しているしているお宅も多いので、少し離れたスーパーや百貨店まで買い物に行く人も多いんですかね。

 

治安は都内でも上位クラス

 

東京でいう治安とは”民度”(生活水準・文化水準)と言い換えられるのかもしれません。白山・千石から駒込あたりの生活水準は平均以上と言って間違いないでしょう。駅前に繁華街は無いので、酔って騒ぐ輩は皆無、学生は多いエリアかもしれませんが皆まじめな印象で”民度”という面では高いエリアと言えます。女性の一人暮らしで帰宅が遅くなっても、とくに不安を覚えることは無いでしょう。駒込側は六義園を中心に豪邸が立ち並び、自然も多くハイソサエティな雰囲気が漂います。

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/08/dfb254b9f6ea514cefbb5bd2fa88174a.jpg

 

家賃は若干高め

 

肝心の家賃は築年数にもよりますが1R~1Kで8万円~9万円が相場でしょうか。全体的に単身向けの物件数も多くないので、希望の間取りや設備にこだわりすぎると選択肢は狭まるかもしれません。少し離れて巣鴨や西巣鴨までいけば、8万円以内で6~8帖の物件が出てくる印象です。

 

さいごに

http://blog.ieagent.jp/wp-content/uploads/2017/10/mita_line-min.jpg

 

管理人個人の感想としては、巣鴨・千石は都心へのアクセスと住環境の面で非常に住みやすい街です。都内の主要な駅には30分以内と思ってよいでしょう。知名度が高くないが故に見落としがちですが、今後選択肢のひとつに”都営三田線”を加えてみてはいかがでしょうか。